興行ゲンティン、17年は純利益が倍増

興行大手のマレーシア系ゲンティン・シンガポールが23日発表した2017年12月期決算は、純利益が前期比2.3倍の6億100万Sドル(約486億8,100万円)、売上高が7%増の23億9,256万Sドルとなり、増収増益だった。VIP客向けのゲームでカジノ側の勝率が改善したことが貢献した。ただ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国人雇用で意見対立、与野党が選挙討論(17:58)

6月の製造業PMI、5カ月連続で50未満(18:03)

5月の小売売上高、営業禁止で下げ幅最大(18:01)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(18:00)

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(18:00)

5月の外国人入国者、99.9%減の880人(18:01)

国内ホテル、「ステイケーション」可能に(18:33)

日本航空、成田路線の運航再開(18:24)

映画館の営業、13日から再開(18:04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン