• 印刷する

韓国GM、ベア凍結とボーナス不支給か

米ゼネラル・モーターズ(GM)が、傘下の韓国GM社員に対し、今年のベースアップ(ベア)凍結とボーナスの不支給を提案したもようだ。コスト競争力を高める狙いがある。ロイター通信が、韓国GMの社内連絡メモを基に報道した。

韓国GMの最終損益は未発表の17年を含め、4年連続で赤字とされる。同社はこれまで、従業員1人当たり年間1,000万ウォン(約99万円)のボーナスを支給してきた。大学に入学する社員の子どもに対する経済支援や、勤続年数の長い社員への報償旅行(インセンティブ・ツアー)などもしばらくは見合わせる考えだ。

GMの経営陣は、賃上げ要求が通らなればストライキも辞さない労働組合に対して強い不満を抱いているとみられる。

韓国GMは一方で、米本社に対して借入金の一部の償還日を延期するよう、求める見通しだ。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ジンエアー免許取り消さず、当局が最終決定(08/17)

ポスコエナジー、燃料電池事業を切り離しか(08/17)

LGCNS、社内ベンチャー第1号を分社化(08/17)

コンビニ・外食で省力化の波 賃金上昇で、決済インフラ活用(08/17)

テイクオフ:総勢96人の日韓中の美…(08/17)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

主要30グループ、上期投資額が24%増(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

半導体好景気まもなく終了か、懸念高まる(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン