• 印刷する

豪への昨年の日本人旅客、4%増=豪観光局

オーストラリア政府観光局は20日、昨年通年のオーストラリアへの日本人旅客数が43万4,600人と、前年比4%増加したと発表した。増加は4年連続で、今年も増加傾向が続くと期待されている。

観光局によると、オーストラリアは、時差が少なく安全というイメージや、自然名所の宝庫であることが再認識されていることが増加の要因という。さらに、昨年4月にメルボルンで開催された「世界のベストレストラン50」など、食文化のプロモーションなども奏功したとしている。

観光局は今年も航空会社や旅行会社、州政府観光局と協力し、日本人旅行客の増加につなげていく方針という。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

テイクオフ:オーストラリアの4大銀…(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

日系人材ウィル、豪同業QAを買収(09/21)

石炭火電の改修と新設の支援、エネ相が検討(09/21)

豪石炭事業に影響も、丸紅の石炭火電撤退で(09/21)

LNG輸出、原油価格高と豪ドル安が追い風(09/21)

豪のM&A取引額、今年は過去最高更新か(09/21)

〔オセアニアン事件簿〕豪政府、青果への異物混入で刑罰強化(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン