転換期の首都コンド市場 18年は供給2.5倍、乱開発にツケ

カンボジアの首都プノンペンでコンドミニアム(分譲住宅)市場が転機を迎えている。米系不動産仲介大手CBREカンボジアによると、2018年の供給量は前年比2.5倍の約2万2,000戸に拡大する見通し。外国人投資家や地元の準富裕層の需要を取り込もうと物件数が増えている。ただ乱開…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 経済一般・統計金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

「事実を報道していく」 有力紙ポストの新オーナー会見(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

証券取引委、投資ファンドの規定導入へ(05/21)

プノンペン新空港建設遅延、投資家に戸惑い(05/21)

タイ・カンボジア鉄道、6~7月に開業見込(05/21)

不動産7NG、カンダル州で衛星都市開発(05/21)

コッコン州の土地紛争、300人が新たに抗議(05/21)

縫製協会、労働者保護強化の法改正に難色(05/21)

ANZロイヤル銀を買収 Jトラスト、成長市場に照準(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン