ランヒル、タイで水処理施設の改修を受注

水処理・電力事業を主力とするマレーシアのランヒル・ホールディングスは19日、タイのアマタシティー工業団地の排水処理施設の改修事業を受注したと発表した。受注額は、819万リンギ(約2億2,429万円)。 マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)に開示した情報によると、ラ…

関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のマレーシアでは、…(12/20)

11月の消費者物価指数、0.2%増 6カ月連続で上昇率1%未満(12/20)

マレーシアのCIMB銀、初の支店開業(12/20)

RM=26.8円、$=4.17RM(19日)(12/20)

超々臨界圧のジマ発電所、送電を開始(12/20)

PLUS、RFID問題でCIMBに反論(12/20)

ゲンティン、クルーズ輸送能力を10年で倍増(12/20)

ゴム手袋トップグローブ、M&Aは慎重に(12/20)

FGV、中国企業と紙パルプ工場の設置検討(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン