半導体で先行する韓国、研究開発には消極的

韓国の半導体大手サムスン電子とSKハイニックスは、研究開発(R&D)費用で米インテルに遠く及ばず、売上高に比べたR&D費も低いことが分かった。

20日付電子新聞によると、米調査会社のICインサイツはサムスン電子の2017年のR&D費用を前年比19%増の34億1,500万米ドル(約3,650億円)と集計した。昨年同社は半導体売上高でインテルを抜いて世界首位に立ったが、R&Dはインテル(130億9,800万米ドル)の4分の1程度にとどまる。売上高に比べたR&D費も5.2%と、インテル(21.2%)を大きく下回った。

SKハイニックスも昨年のR&Dが17億2,900万米ドルに拡大したが、売上高比のR&D費は1桁台で、世界大手の平均を下回った。

業界関係者は、メモリーや受託生産(ファウンドリー)専門の半導体メーカーは設備投資に多額の費用が必要で、売上高比のR&D費は低くなる傾向にあると説明した。

昨年、R&D費で上位10位の半導体メーカーの投資額は総額359億2,100万米ドルで、前年比6%増加した。売上高に対するR&D費は13%だった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

米朝会談中止で高まる緊張 双方の策裏目、遠のく非核化(18:12)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

政策金利を据え置き、1.5%で6カ月連続(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

高麗大と企業30社、ブロックチェーンで協力(05/25)

欧R&Dネットワーク、韓国がパートナーに(05/25)

自動運転のバスと貨物車、政府が実証研究へ(05/25)

カガヤン港改修に210億円、投資誘致へ(05/25)

起亜自、「スティンガー」19年モデルを発売(05/25)

人工透析機器の明基透析、年末にも韓国進出(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン