• 印刷する

テイクオフ:旧正月(春節)になじみ…

旧正月(春節)になじみの薄い在シンガポール日本人の間では、16日から始まった春節よりも14日のバレンタインデーの方が気になる話題だ。

ある日本人カップルは、彼氏が当地の慣習に倣ってバラの花束を彼女にプレゼントしたところ、彼女は日本流に手作りチョコを贈ったそうだ。また、ある駐在員の男性は、職場のデスクで小さなチョコの包みを発見し、「誰からのだろう」とドキドキしたらしいが、どうやら愛が込められたチョコではなく、春節前に無料で配られるちょっとしたギフトだと知り落胆していた。

それぞれがバレンタインデーの空気に浮かれたり、踊らされたりする中、アラサー女数人でお好み焼きを食べた。花束やチョコがなくても、バレンタインデーは楽しめる!と声高に主張したいが、全員「バラの花束をもらってみたいね」という気持ちがぬぐえないのだった。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン