• 印刷する

SIMカード販売、累計5400万枚に

ミャンマーの携帯電話サービス大手3社のSIMカード販売枚数が、累計で5,400万枚に達していることが分かった。地元紙イレブン(電子版)が18日に伝えた。

内訳を見ると、最大手の国営ミャンマー郵電公社(MPT)が2,700万枚と最多で5割を占めた。ノルウェー系テレノール・ミャンマーは1,900万枚、カタール系Ooredooは800万枚と続いた。

業界関係者によると、販売されたSIMカードには未使用のものも多いという。3社はいずれも、第4世代(4G)通信に対応している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援で車整備士育成 ヤンゴンに訓練学校建設へ(12/20)

インフレ率、19年は8%以上で推移か(12/20)

汚職撲滅、組織トップの指導力必要=投資当局(12/20)

ヤンゴン環状線改修工事、19年末に完了予定(12/20)

電子政府事業への韓国融資、連邦議会で可決(12/20)

四川航空、ヤンゴンー杭州で週3回の定期便(12/20)

ポリマーのPTT、ミャンマーに新会社設立(12/20)

高速道の速度超過、16年9月から4万台摘発(12/20)

マグウェー管区、綿花の生産拡大に注力(12/20)

瀾滄江メコン川協力基金、800万ドルを支援(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン