SIMカード販売、累計5400万枚に

ミャンマーの携帯電話サービス大手3社のSIMカード販売枚数が、累計で5,400万枚に達していることが分かった。地元紙イレブン(電子版)が18日に伝えた。

内訳を見ると、最大手の国営ミャンマー郵電公社(MPT)が2,700万枚と最多で5割を占めた。ノルウェー系テレノール・ミャンマーは1,900万枚、カタール系Ooredooは800万枚と続いた。

業界関係者によると、販売されたSIMカードには未使用のものも多いという。3社はいずれも、第4世代(4G)通信に対応している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ帰還には時間、国連機関(11:38)

11月補選、13議席に69人の立候補を受付(11:38)

ヤンゴン市街地、建物の耐震調査を推進(07/20)

ミャンマー英雄を追悼、アウン・サン将軍の命日(07/20)

エアバガンとエーペックス航空が免許取消(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

不動産需要が増加、教育部門の外資開放で(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

私立学校の新キャンパス、投資委が認可(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン