• 印刷する

小学生の保護者向けPR、日本企業が支援

トキオ・ゲッツがインドネシアで発行する小学生向け新聞(同社提供)

トキオ・ゲッツがインドネシアで発行する小学生向け新聞(同社提供)

アジアでエンターテインメント事業を支援するトキオ・ゲッツ(東京都渋谷区)は15日、アジアへの進出を目指す日本企業向けに、子ども向け商品・サービスのマーケティング支援事業を開始すると発表した。インドネシアを含む3カ国・地域で小学生の保護者を対象に、商品のサンプリングなどを実施する。

トキオ・ゲッツは2011年以降、インドネシア、タイ、台湾に拠点を開設し、各地で合わせて3,000校に通う小学生を対象に、無料の新聞を配布。インドネシアでは2月時点でジャカルタ首都圏の私立小学校1,800校に、計1万8,000部を配布している。

トキオ・ゲッツが新たに始めるマーケティング支援事業は、これら小学校のネットワークを活用し、先生や保護者に、日系企業の商品サンプルを配布したり、アンケートや座談会を通じたリサーチ、イベントやセミナーを開催したりする。

インドネシアでは5月から10校で、母親向けに4回、父親向けに2回の計6回、サンプリングを実施、商品やサービスをPRしたい日本企業の参加を募集する。参加企業の商品を詰めたパッケージを、1校当たり各回300個配布する。

トキオ・ゲッツの関係者は、新聞を配布している学校のリストから、各校の入学金や授業料などの学校にかかる費用に応じた選択肢を設定していると説明。「各社の商品・サービスのターゲット層に合わせたサンプリングができる」と、メリットを挙げた。

19年までにベトナム、フィリピンでも同様のサービスを開始する計画。20年までにアジア域内で行う、サンプリング事業やアンケート調査などの子ども関連マーケティング事業で8億円の売り上げを目指す。


関連国・地域: 台湾タイベトナムインドネシアフィリピン日本
関連業種: 小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夜中に目が覚めた。コン…(10/22)

銀行の海外支店開設は低調 世界経済に不透明感、国内に注力(10/22)

地場ビントラコ、ベンツ商用車販売へ(10/22)

重機生産台数、1~9月は42%増(10/22)

首都の違法屋外広告取り締まり、強制撤去も(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

マツダ、MX―5の新モデル発表(10/22)

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/22)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン