【熱狂仮想通貨】取引禁止か発展への軟着陸か 「支持層」反発で揺れる文政権

仮想通貨取引の過熱を受け、政府当局は取引禁止も匂わす発言を繰り返した。これに対し、20~30代の若者層が猛反発するなど、韓国社会の溝は深まるばかりだ。若者層を支持基盤とする文政権は手をこまねいているように見える。ブロックチェーンという新技術を理解し、健全な市場は韓…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国のケーブルテレビで…(08/20)

超大型燃料電池発電所を建設 副生水素利用、ハンファが主導(08/20)

自営業者の税務調査免除、経営環境悪化で(08/20)

国民年金基金、「2057年に破綻」と発表(08/20)

HKTDC、韓国食品の販売拡大で協定(08/20)

検察のカルテル捜査可能、公取委の告発なしに(08/20)

現代自やLG電子、トルコ進出企業が緊張(08/20)

7月自動車産業、国内販売がプラス転換(08/20)

テレビ通販各社、モバイルサイト中心へ(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン