現代建設機械、中・印で生産を拡大

2017年に現代重工業から分社化した建設機械メーカーの現代建設機械が、中国とインドで業績を伸ばしている。両国を中心に新興国のインフラ市場に積極的に進出して市場をリードする戦略だ。13日付韓国経済新聞が伝えた。 中国では年産7,000台規模の掘削機工場を保有していたが、現地…

関連国・地域: 中国韓国インド
関連業種: 製造一般電力・ガス・水道建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スピードスケート・ショ…(02/21)

米通商政策に対抗姿勢鮮明 鉄鋼輸入制限でWTO提訴も(02/21)

1月輸出額22%増、半導体や石油製品が好調(02/21)

世宗商工会議所が年内発足、企業の増加で(02/21)

性能・容量2倍のSSD、サムスンが発売(02/21)

【アジアの穴場】デジタルメディアシティ(韓国)  韓流コンテンツを「生」で楽しめる新興都市(02/21)

超高速通信の実現へ、機器の国産化に注力(02/21)

半導体で先行する韓国、研究開発には消極的(02/21)

1月自動車産業、生産など軒並み増加(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン