航空自由化協定、キリバスと締結

シンガポールは12日、太平洋の島国キリバスと航空自由化(オープンスカイ)協定を締結した。

同協定を結んだ国の航空会社は、輸送量、便数、機材の種類、運航スケジュールにかかわらず無制限の乗り入れが可能になる。相手国を経由して第三国に航空機を運航できる以遠権も含まれており、以遠権は貨物便も対象となる。

協定に調印したシンガポールのウン・チーメン教育相(教育機関担当)兼第2運輸相は「今回の協定締結は、シンガポールとキリバスの2国間関係の強固さを証明するものだ」と指摘。「ヒトとモノの相互移動を活発にし、双方の企業、個人に恩恵をもたらすだろう」と期待を示した。

シンガポールはこれまでに140以上の国・地域と航空サービス協定を結んでおり、そのうち70以上がオープンスカイ協定となっている。


関連国・地域: シンガポールその他大洋州
関連業種: 運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

GDPを100億米ドル押し上げ 企業のデジタル化、21年までに(02/23)

アベジャ、国立大と人工知能分野で連携(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

SIA、パース便にボーイング最新鋭機を投入(02/23)

チャンギ子会社、サウジの空港運営権を喪失(02/23)

トレノケート、5カ国でアマゾン研修機関に認定(02/23)

オスロ証取、EMASオフショアに上場廃止処分(02/23)

POSB銀、外国人労働者向け会員制度導入(02/23)

金融庁、店頭デリバティブ取引の新規制提案(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン