• 印刷する

航空自由化協定、キリバスと締結

シンガポールは12日、太平洋の島国キリバスと航空自由化(オープンスカイ)協定を締結した。

同協定を結んだ国の航空会社は、輸送量、便数、機材の種類、運航スケジュールにかかわらず無制限の乗り入れが可能になる。相手国を経由して第三国に航空機を運航できる以遠権も含まれており、以遠権は貨物便も対象となる。

協定に調印したシンガポールのウン・チーメン教育相(教育機関担当)兼第2運輸相は「今回の協定締結は、シンガポールとキリバスの2国間関係の強固さを証明するものだ」と指摘。「ヒトとモノの相互移動を活発にし、双方の企業、個人に恩恵をもたらすだろう」と期待を示した。

シンガポールはこれまでに140以上の国・地域と航空サービス協定を結んでおり、そのうち70以上がオープンスカイ協定となっている。


関連国・地域: シンガポールその他大洋州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン