【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・2月

■為替 ◆2018年1月の動向 1月の対米ドル・リンギは4.04後半で寄付き。月初からドルの上値は重く対米ドル・リンギはドル安に連れて4.00を割り込んだが、米金利の上昇もあって一時的に留まり、一旦は4.0台を回復。しかし、その後は米暫定予算の失効に伴う米連邦政府機関閉鎖の懸…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では産じょく期の女…(11/18)

3Q成長率、4.4%に鈍化 サービス業と製造業が伸び悩み(11/18)

タンジュンピアイ補選、野党連合が圧勝(11/18)

インドがマ産CPOの調達再開、価格低下で(11/18)

RM1=26.1円、$1=4.15RM(15日)(11/18)

ゲンティン、米エンパイアリゾーツを合併へ(11/18)

グリーンパケット、チャイナモバイルと提携(11/18)

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(11/18)

サラワク州の山間部に国境警備道路整備へ(11/18)

公共交通、米系アプリと到着予測で提携(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン