• 印刷する

ホテル従業員のヒジャブ着用、業界団体承認

マレーシアのホテル関連業界団体は、イスラム教徒(ムスリム)の女性従業員が勤務中にヒジャブ(ムスリム女性が着用するスカーフ)の着用を申し出た場合は承認することで合意した。3団体に加盟するホテル数は3,000軒に上る。9日付ウトゥサン・マレーシアが伝えた。

ホテル従業員のヒジャブ着用の是非が論じられたのは、労働組合の「ユニオンネットワーク・国際マレーシア労働者センター」が昨年、「数人の女性ホテル従業員から、勤務先でヒジャブの着用を禁じられているとの訴えがあった」との声明を発表したのが発端。ムスリムの女性が勤務中にヒジャブを着用する権利が与えられていないと訴えた。観光・ホスピタリティー業界への就職を希望する学生も、学校からインターンシップ(就業体験)や就職前にヒジャブを着けないように指導されるという。

業界団体は、「施設の世界的なブランド価値を維持するため、従業員の服装規定は、ホテルチェーンの国際基準に沿い長年運用されている」と説明していたが、人権団体などからは「ムスリムが多数を占めるマレーシアでは、そうした規則や慣習に疑問を投げ掛けることも必要」との声が出ていた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

4月新車販売、前年比6.2%増 プロトン、SUV伸張で2位浮上(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

RM=26.2円、$=4.19RM(23日)(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ペンタマスター、半導体不振も業績に自信(05/24)

旅客サービス料改定、10月までに決定へ(05/24)

パンコール空港が10月開港、観光振興に期待(05/24)

首都圏住民の9割、不動産価格に割高感(05/24)

住宅クラウド融資、業界では賛否両論の声(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン