国内初のドローンハブを指定 実験環境を提供、相互連携推進へ

シンガポールがドローン(小型無人機)の研究開発(R&D)を推進する。コー・ブンワン運輸相兼インフラ調整相は5日、中部ブオナビスタの科学技術産業団地「ワンノース」を、飛行実験などを推奨する初のR&Dハブ「ドローン・エステート」に指定すると発表した。企業や研究機関…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール政府は環境…(01/16)

海賊被害、過去12年で最低 18年はアジア海域で25%減の76件(01/16)

コンテナ貨物取扱量、18年は9%増(01/16)

グラブ、キャピタランドと電子決済などで提携(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

三井化学、アルファメチルスチレンの生産開始(01/16)

新日鉄住金ソリュ、東南アでAIサービス(01/16)

トゥアスワン、三菱重が追加出資へ(01/16)

トレック2000、再生エネルギー事業に参入(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン