JICAがMRT3号線調査 円借款も視野、安価な保守のツケ

国際協力機構(JICA)は、トラブルが頻発しているマニラ首都圏のMRT(高架鉄道)3号線(ケソン市ノース・アベニュー―パサイ市タフト・アベニュー、総延長16.9キロメートル)のシステム全体について技術的調査を開始した。調査結果をみて、日本政府は同路線の保守・改修事…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

タンドゥアイ、蒸留酒の国内シェア首位目標(15:34)

生活必需品の価格統制、白米などが対象に(15:34)

首都圏の最賃320ペソ上げ、労組が請願(14:18)

テイクオフ:現地の朝刊を読んでいる…(06/18)

5月新車販売は14%減 4カ月連続マイナス、一部回復も(06/18)

現代自の1~5月販売、7%減の1.3万台(06/18)

経常赤字2億ドルに縮小、サービス収支伸び(06/18)

優遇改正の移行期間5~7年妥当、民間団体(06/18)

税制改革で法人税率10%なら妥協、電子業界(06/18)

外国人証券運用、5月は2億ドルの売り越し(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン