「自分向け」情報を取捨選択 日本産果物×SNSマーケ(下)

多民族国家のマレーシアでは、民族ごとに食べ物の好みや生活スタイルが異なるため、消費者の間で「自分向け」の情報のみを選びたいという意思が強く、ソーシャルメディア(SNS)の影響力が増している。SNSは重要な販促チャネルだが、ターゲット層を正しく捉え、それに合うイ…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 農林・水産IT・通信小売り・卸売りサービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:19日は旧正月(春節)…(02/20)

第4次産業革命へ政府が本腰 財務省、中小向けローン保証開始(02/20)

1月の新車販売、前年同月比8.7%増(02/20)

微熱山丘、ドリアン菓子の新ブランド発表(02/20)

RM=27.1円、$=4.08RM(19日)(02/20)

VW、サバ州初の3Sセンター開設(02/20)

タドマックス、発電所計画中止報道を否定(02/20)

上緯の樹脂材料、シーメンス系がブレードに採用(02/20)

大規模太陽光発電の入札価格、下落予想(02/20)

ボーキサイト採掘禁止措置、3月末で解除(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン