特許庁、知的財産分野で雇用創出へ

韓国特許庁は1日、2018年の業務として、公共部門の雇用創出、知的財産関連サービス業の育成、知的財産を活用した起業の活性化などに取り組むと発表した。 第4産業革命に向け知的財産分野で良質の雇用を創出するため、公共部門で審査担当を増員する。22年までに新たに1,000人を確…

関連国・地域: 韓国
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いじめる人は楽しくても…(02/25)

【韓国モビリティー】電池利用の最適化が普及の鍵 ZEVへのシフト元年(下)(02/25)

2月の企業景況感76、製造業が悪化(02/25)

コロナ感染者、3日ぶり400人台に(02/25)

ホーチミン鉄道5号線2期、韓国系が支援(02/25)

現代自、「コナ」など8万台リコール(02/25)

半導体の不足深刻、現代・起亜も生産調整か(02/25)

サムスンSDI、欧州のバッテリー工場増設(02/25)

サムスン、性能高めた画像センサー発売(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン