17年電力自給率81%に改善 中国が貢献、料金・設備に課題

カンボジアの電力自給率が改善している。カンボジア電力庁(EAC)によると、2017年は総需要の81.4%に上昇し、輸入電力への依存度は低下。中国企業による水力発電所の稼働などがけん引役となった。ただ外資企業の懸案事項である周辺国に比べて割高な電力料金の値下げや、変電所…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

独シンクタンク、総選挙は「非民主主義的」(15:28)

住宅・オフィスの伸び堅調 4~6月、経済成長を反映(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

シアヌークビル港、1~6月の貨物25%増(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

メキシコ製車両が9月到着、首都空港鉄道(07/19)

1~6月の収入28%増、関税総局(07/19)

建設現場の安全確保へ、政府が委員会設置(07/19)

シエムレアプ新空港建設、月末に本格化(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン