17年電力自給率81%に改善 中国が貢献、料金・設備に課題

カンボジアの電力自給率が改善している。カンボジア電力庁(EAC)によると、2017年は総需要の81.4%に上昇し、輸入電力への依存度は低下。中国企業による水力発電所の稼働などがけん引役となった。ただ外資企業の懸案事項である周辺国に比べて割高な電力料金の値下げや、変電所…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

鉱業省など3省、石油法制定へ再協議(04/25)

首都中心部の川沿い開発へ、土地リースも(04/25)

アジア開銀、累計支援額が28億ドル超え(04/25)

国民の就業率99.3%、農業が最多=首相(04/25)

中国福田汽車、新たに2モデル投入(04/25)

タイ80カ所で就労許可証発行、6月まで稼働(04/25)

ポイペト鉄道、開業3週間で事故相次ぐ(04/25)

最低賃金、5月から110万キープに引き上げ(04/24)

ストゥンハブに重工業団地 中国企業、南部で影響力拡大(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン