• 印刷する

国営MPF、がん鎮痛剤や抗HIV薬製造へ

ミャンマー工業省傘下の医薬品工場ミャンマー・ファーマシューティカル・ファクトリー(MPF)は4月以降、新たにがん患者向け鎮痛剤と抗エイズウイルス(HIV)薬の製造を始める計画だ。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが24日伝えた。

コ・コ・アウン社長は23日、はヤンゴン管区インセイン郡区の工場で記者会見し「生産品目の拡大で輸入品への依存度を低減できる」と話した。

MPFは北中部マンダレー管区チャウセ郡区にも工場を持つ。2017年度(17年4月~18年3月)は148品目、500億チャット(約41億円)相当の製品を製造する計画。工場では新棟建設も進めている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

金価格が記録的高値、新型肺炎の感染拡大で(02/28)

国内不動産市場は修正局面 コンサル、総選挙までは様子見(02/28)

プロジェクトバンクのオンラインサイト開設(02/28)

大統領がインド訪問、覚書6件締結予定(02/28)

モルディブ、ロヒンギャ迫害の訴訟に参加へ(02/28)

ヤンゴンの14大学、学内全面禁煙を検討(02/28)

投票資格変更が下院で承認、少数民族が反対(02/28)

地場養鶏業者が苦境、外資参入で価格下落(02/28)

ネット遮断に抗議、ヤンゴンの学生9人訴追(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン