• 印刷する

陸金所、4月に香港IPOか

中国保険大手である中国平安保険(集団)の子会社で、個人間(P2P、ピア・ツー・ピア)の融資仲介プラットフォームを運営する上海陸家嘴国際金融資産交易市場(陸金所、Lufax)が4月、香港に上場するとの見方が浮上している。陸金所の時価総額は、現在の185億米ドル(約2兆円)から3倍以上の600億米ドルに拡大するとみられ、フィンテック(ITを融合した金融サービス)企業の上場として香港最大規模となるもようだ。

信報など13日付香港各紙が伝えた。陸金所は今月末に香港取引所(HKEX)に上場申請を提出する見通し。現在は売り出し株式の比率を協議中だという。

香港経済日報は、「陸金所が最速で3月中に上場し、調達額は最大で50億米ドルになる」と伝えた。

陸金所は2011年9月に設立。現在の登録ユーザー数は3,300万人で、運用資産は約5,000億人民元(約8兆5,900億円)。平安保険は昨年、陸金所が同年上半期(1~6月)に黒字化したと明らかにしている。

同じく平安保険系で、オンラインヘルスケアプラットフォームを手掛ける平安好医生は、今年第2四半期(4~6月)にも上場申請をHKEXに提出するとみられている。調達額は10億米ドル規模となるもようだ。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港国際空港から自宅へ…(07/17)

6月の小売り・外食1割減か 業界団体が売上予測、デモ相次ぎ(07/17)

マツモトキヨシ、香港に現地法人(07/17)

ブックフェアで反対活動か、ネット呼び掛け(07/17)

抗議参加者、新鴻基系モールのボイコットも(07/17)

高級住宅の需要が縮小、貿易摩擦と条例案で(07/17)

中環の高級オフィス賃料、需要減退で下落(07/17)

陽光房が上環のオフィスビル改修、4Q開業(07/17)

TNG、API活用のフィンテック拠点開設(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン