• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕豪の同性婚カップル、正式に誕生

オーストラリアでは9日午前零時、同性婚の合法化から1カ月がたち、同性同士の結婚が正式に認められたことから、8日から9日にかけ、各地で同性カップルの結婚式が執り行われた。9日付オーストラリアンが伝えた。

ターンブル保守連合(自由党・国民党)政権は昨年9月、合法化を問う郵便による国民投票を開始した。11月初旬の開票結果で賛成率が61.6%に達したことから、議員立法として関連法案を議会に提出。年内の議会会期最終週の12月7日に下院を通過し、翌8日にコスグローブ連邦総督が署名することで同性婚法が成立していた。

法律では結婚の意向を行政府に届け出てから1カ月後に結婚が認められるため、昨年12月8日の同性婚法の成立後、正式な結婚が認められるのは今年1月9日からとなっていた。すでに海外で結婚している同性カップルも同日からオーストラリア国内で配偶者としての権利が認められる。

シドニー市の広報担当者によれば、9日には6組の同性カップルが市の公共の施設での結婚式を予約。同市はマーティンプレースとタウンホールを除く市の施設の利用を同日から100日間、無料にしたという。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(16:42)

トール、会計部門の外注で330人を解雇(16:42)

テイクオフ:英国のハリー王子とメー…(10/16)

豪連邦、財政均衡前倒しか 赤字大幅減の見通し(10/16)

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(10/16)

〔政治スポットライト〕豪世論の支持率調査、労働党のリード続く(10/16)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(10/16)

マッコーリー、オリジンの風力発電応札か(10/16)

豪政府系企業、恣意的発注や過剰供与が発覚(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン