• 印刷する

豪の労働力アップ、女性と高齢者の就労増で

オーストラリアで女性と高齢者の労働参加率が上昇傾向にあることを受け、労働人口の高齢化から派生する労働供給量の減少に歯止めがかかっていることが、オーストラリア連邦準備銀(RBA)のエコノミストらがこのほどまとめた報告書で明らかになった。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

先進諸国では近年、高齢化の進展や出生率の低下、平均寿命の伸長を背景に、高齢労働者の退職に伴う労働供給量の減少が顕著となっている。

これに対しオーストラリアでは、国民の年齢の中央値が低く、また純移民率が比較的高いことから、高齢化による労働供給量の減少が一部相殺されているほか、退職時期の先延ばしや女性の労働参加率の上昇も、労働力の増加に大きく貢献している。

同報告書は、2017年から2040年における労働参加率の推移ついて、2パターンに分け分析。同期間中に全労働人口に占める高齢労働者の割合が変化しなかった場合では、労働参加率は4.6%低下し、60%を割り込んで過去最低水準になるとの見方を示した。

一方、退職時期を先延ばしするトレンドが今後も続くと仮定した場合では、労働参加率の低下幅は1.8%減にとどまるもよう。

■女性多い分野で賃金増

賃金面では、男女間の賃金差がフルタイムの場合で週当たり251.2豪ドル(約2万2,076円)と依然開きがあるものの、分野別では女性労働者の多いヘルスケアと教育産業で、過去1年間に伸びがみられた。

豪政府統計局(ABS)によると、2017年11月の労働参加率は65.5%と、2011年10月以来の高水準を記録。女性の労働参加率も60.2%と、過去最高となっている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビの調子が悪くなっ…(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

豪12月の失業率4.2%、大幅改善 13年ぶりの低水準、雇用が拡大(01/21)

オクバウ金鉱、累計採掘量が1.5トン(01/21)

豪の給与総額、金融部門の賞与増で9%拡大(01/21)

液化水素運搬船、きょうVIC州に到着(01/21)

NSW、薬局24時間営業など小売り救済策検討(01/21)

ノババックス製ワクチン認可、初の経口薬も(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン