インドの経済規模、来年に世界5位に

英民間調査機関のエコノミクス・アンド・ビジネスリサーチセンター(CEBR)は26日、インドが2018年にフランスと英国を抜いて世界5位の経済規模になるとの見通しを発表した。現在は7位。ヒンドゥスタン・タイムズ(電子版)が伝えた。

CEBRは、インド経済について、エネルギー価格の低さやデジタル技術の普及が成長をけん引すると説明。18年に世界5位、32年には3位の規模まで拡大し、2100年までには世界首位になる可能性もあると予測している。

インドの経済成長率は、高額紙幣の無効化などの影響で、4~6月に過去3年間で最低水準の5.7%まで低下。7~9月はやや回復し、6.3%だった。CEBRのダグラス・マクウィリアムズ副会長は、「減速は一時的なもの」との見方を示した。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

電子機器の輸出促進政策、6月にも最終案(05/23)

大学生の携帯端末チェック、1日平均150回(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン