• 印刷する

LG化学、麗水工場で紙おむつ原料を増産

韓国の原材料メーカー、LG化学は27日、紙おむつなどに使うアクリル酸と高吸水性樹脂(SAP)の生産能力を2019年上期までに増強すると発表した。3,000億ウォン(約316億円)を投じ、全羅南道麗水市の工場を増設する。

2019年上期までに麗水工場のアクリル酸生産能力を年18万トン、SAP生産能力を年10万トンそれぞれ増強する。LG化学のアクリル酸とSAPの年産能力はそれぞれ、70万トン、50万トンに引き上がる。

アクリル酸は紙おむつや塗料、接着剤などに用いられるSAPの主原料。LG化学は、アクリル酸の世界市場が2020年までに年平均5%成長し、675万トン規模に成長すると見込む。

住友精化(大阪市)も今年11月、麗水市のSAP工場を増設すると発表。原料のアクリル酸はLG化学からも調達している。拡大する需要に対応するため、各社が生産能力の増強に積極的な動きをみせている。

LG化学は、アクリル酸やSAP、プラスチックエンジニアリングなど次世代の原料・素材分野への投資を拡大し、4兆ウォン規模の売上高を20年までに7兆ウォンに拡大したい考えだ。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 化学繊維建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:飲酒運転事故を起こした…(11/14)

「独身の日」韓国勢の商機に 積極販促で売り上げ増加(11/14)

富士ゼロックス、韓国仁川工場を閉鎖へ(11/14)

電池3社がファンド設立、次世代技術共同開発(11/14)

現代自、南部工場拡張に700億ルピー投資(11/14)

偵察衛星開発事業、肝心な技術は海外から(11/14)

スマート工場導入の中小企業、7割が満足(11/14)

韓越の廃油処理会社、油水分離工場を建設へ(11/14)

政府と労働界の関係悪化、大規模ストも(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン