19年末までに1.25ポイント利上げ、S&P予想

大手格付け会社の米S&Pグローバル・レーティングはこのほど発表したリポートで、フィリピン中央銀行が2018年から金融引き締めに転じるとの見通しを示した。景気拡大による物価上昇、米国の利上げ継続をにらみ、18~19年の2年間で政策金利を計1.25ポイント引き上げると予想して…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オルティガスで都市開発活況 日系も名乗り、道路・鉄道整備で(09/13)

8月の新車販売2.4%減、7カ月ぶり減少(09/13)

投資委の認可額、1~8月は2倍超(09/13)

サンミゲル、日系と共同出資の2社合併(09/13)

米中貿易摩擦、経済改革で好機に=貿産相(09/13)

新たな鉱業政策立案へ、露天掘りも焦点に(09/13)

港湾庁、2港湾改修で月内協議開始(09/13)

固定資産税の査定統一、下院で法案承認(09/13)

通信グローブ、ヨンドゥの51%株取得(09/13)

〔セブ通信〕セブ市、経済区庁に土地貸出(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン