• 印刷する

【17年の10大ニュース】高成長の見通しに一抹の不安も

2017年の経済成長率は、例年通り尻上がりにペースを上げてきたことで6.8%となり、ベトナム政府が目標に掲げた6.7%を達成した。12月に発表された世界銀行の長期予想でも、毎年6.5%前後の成長ペースを維持するとの見通しが示された。好調な経済が魅力となり、日系の製造業にとって有望な投資先としての地位は一層高まりつつある。

ホーチミン市を中心に、消費市場も活況だった。ファストファッション大手の進出や店舗網拡大が続いたほか、小売市場も新規の参入や店舗の積極的な拡大が目立つ。特にコンビニはセブン―イレブンや韓国のGS25が参入するなど、18年以降の競争は激しさを増しそうだ。

一方、年末にかけて、経済成長に水を差すような動きもあった。政府は18年1月から完成車(CBU)に対する輸入制限を強化。東南アジア諸国連合(ASEAN)域内で乗用車に対する関税が撤廃されるのを見越して生産を調整していたメーカーは打撃を受けた。18年以降、ベトナム政府が選ぶのは、成長に向けたアクセルなのかブレーキなのか。明るい見通しの中にも、一抹の不安が残る。

ベトナムは好調だった経済成長を、2018年も維持できるか。政府の姿勢には一抹の不安も残る=ホーチミン市

ベトナムは好調だった経済成長を、2018年も維持できるか。政府の姿勢には一抹の不安も残る=ホーチミン市

【第1位】通年の成長率6.8%で目標達成

【第2位】コンビニやアパレル、小売市場が活況

【第3位】TPP11が大筋合意、投資環境改善に期待

【第4位】国営企業の株式化に進展、サベコ株も入札

【第5位】自動車販売、買い控えで前年割れ

【第6位】日系企業の不動産開発が相次ぐ

【第7位】台風が相次ぎ襲来、北・中部で洪水被害

【第8位】APEC開催、自由貿易の推進宣言

【第9位】円借款工事で未払い深刻化

【第10位】配車アプリ拡大、タクシー業界は対抗策

【番外編】天皇、皇后両陛下が初のベトナム訪問


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ビンファストとシーメンス、電気バスで協力(08/14)

空港総公社、サパ空港の建設に意欲(08/14)

液晶テレビの瑞軒、ベトナムに新工場建設へ(08/14)

ダナン、ASEANのロジセンター開発へ(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

10年周期の不動産バブル、再来の兆候なし(08/14)

ズンク製油所、1~7月利益が通年目標超え(08/14)

チャビン省、4件目の風力発電事業を承認(08/14)

PVパワー社長「LNG発電を推進」(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン