イオン、モバイル決済の「支付宝」導入

イオングループのスーパーマーケットなどを運営するイオンリテールは12日、中国のモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」の取り扱いを開始した。先行導入した「微信支付(ウィーチャットペイ)」と併せ、中国人の消費で主流となりつつあるモバイル決済の2大プラットフォームに対応する。

「イオン成田店」「イオンスタイル品川シーサイド」など、「イオン」と「イオンスタイル」の9店舗で先行導入した。これら9店舗では10月に微信支付も導入済み。今後は2018年2月をめどに、支付宝、微信支付とも300店以上で利用できるようにしていく計画だ。

イオンリテールによると、日本銀行が今年6月に発表したリポートでは、店頭でモバイル決済を利用する日本人は約6%であるのに対し、中国では約98%が「3カ月以内に使用した」と回答している。中国人旅行者が増える春節(旧正月)時期を前に、モバイル決済サービスを拡充することで中国人顧客の利便性を高める。

イオンリテールは08年に免税サービス、10年に中国銀聯カードへの対応を開始するなど、日本を訪れる外国人旅行客の買い物サポートに取り組んでいる。同社は「今後もさらなる利便性向上と快適な買い物環境の提供を目指す」としている。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【パキスタン】乗用車は日系の牙城 第3回 新規参入に販売網の壁(04/27)

店舗賃料、今年7%上昇へ GS予測、小売市場好調で(04/27)

航続500キロ超のEVも登場 モーターショー、地場系が技術誇示(04/27)

相次ぐ中国の高官来訪、影響力拡大を視野(04/27)

減税7措置を実施、600億元超の負担軽減に(04/27)

米国が技術投資の規制を検討、商務省が注視(04/27)

国有企業の純利益、1~3月は16.7%増(04/27)

レアアース採掘量、当面は昨年の7割に抑制(04/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン