• 印刷する

イオン、モバイル決済の「支付宝」導入

イオングループのスーパーマーケットなどを運営するイオンリテールは12日、中国のモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」の取り扱いを開始した。先行導入した「微信支付(ウィーチャットペイ)」と併せ、中国人の消費で主流となりつつあるモバイル決済の2大プラットフォームに対応する。

「イオン成田店」「イオンスタイル品川シーサイド」など、「イオン」と「イオンスタイル」の9店舗で先行導入した。これら9店舗では10月に微信支付も導入済み。今後は2018年2月をめどに、支付宝、微信支付とも300店以上で利用できるようにしていく計画だ。

イオンリテールによると、日本銀行が今年6月に発表したリポートでは、店頭でモバイル決済を利用する日本人は約6%であるのに対し、中国では約98%が「3カ月以内に使用した」と回答している。中国人旅行者が増える春節(旧正月)時期を前に、モバイル決済サービスを拡充することで中国人顧客の利便性を高める。

イオンリテールは08年に免税サービス、10年に中国銀聯カードへの対応を開始するなど、日本を訪れる外国人旅行客の買い物サポートに取り組んでいる。同社は「今後もさらなる利便性向上と快適な買い物環境の提供を目指す」としている。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

若者狙いの中国限定新SUV、現代自が投入(12:15)

全国のPM2.5濃度、9月は16.7%改善(16:43)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

相次ぐEV発火事故、安全性に不安の声(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン