【17年の10大ニュース】ロヒンギャ問題で混迷

3月末で発足2年目に入ったアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相率いる政権は8月以降、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャをめぐる問題に翻弄(ほんろう)された。文民政権への移管や米国の経済制裁解除に湧いた16年とは一変、治安当局によるロヒンギャ迫害があったと欧米やイスラム諸国が批判を強め、スー・チー氏は守勢に回った。新投資法の運用開始、会社法の成立と法整備は進展し、日本企業の進出も進んだが、ロヒンギャ問題が国際援助や投資家心理に影響しかねないと懸念されている。

ASEM外相会合後の記者会見で発言するミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=11月、ネピドー(NNA)

ASEM外相会合後の記者会見で発言するミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=11月、ネピドー(NNA)

【第1位】ロヒンギャ問題で国際社会と溝

【第2位】ヤンゴンで大型不動産開発相次ぐ

【第3位】新車販売増、中古輸入規制強化で

【第4位】会社法が成立、投資法も本格運用

【第5位】ヤンゴンで公共交通改革進む

【第6位】内需狙う日系企業の投資相次ぐ

【第7位】ラカインで油送管稼働、中国が攻勢

【第8位】日本支援のティラワ特区拡張

【第9位】携帯4G時代へ、サービス本格化

【第10位】少数民族との和平進まず

【番外編】ローマ法王が史上初訪問


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

国内初の信用情報機関、シンガ合弁に認可(16:39)

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(14:10)

ヤンゴン環状高速道、年内入札 建設省が関心表明書募集(05/22)

労働紛争解決法、再改正法案を近く国会提出(05/22)

ヤンゴン管区、ガソリン価格の引き下げ推進(05/22)

シンガのフィンテック、家畜を担保に融資へ(05/22)

英系英会話教室、ミャンマー事業拡大へ(05/22)

農村部の太陽光発電設備、品質重視で選定(05/22)

ラカイン問題は民主化の障害=米国際開発庁(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン