【17年の10大ニュース】インフラ整備の黄金時代幕開け

フィリピンの治安改善と行政改革の推進などを掲げ、2016年に誕生したドゥテルテ政権は2年目の今年、22年までに上位中所得国入りを目指す経済政策「ドゥテルテノミクス」を始動。道路や鉄道などの建設に向け支出を大幅に増やし、インフラ整備の「黄金時代」を迎える端緒についた。経済は引き続き内需が堅調で、実質国内総生産(GDP)成長率は1~9月が前年同期比6.7%。通年では、前年の6.9%に届かない見込みだが、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内でベトナムと並び最も高い成長率となりそうだ。

今年のフィリピンは、ASEAN議長国として首脳会議と関連会合の開催、南部ミンダナオ島での「イスラム国」(IS)の影響を受けた過激派組織との戦闘とそれに伴う8年ぶりの戒厳令布告などで、国際社会の注目を浴びた。ASEAN発足50周年の節目に合わせて開催された関連国による首脳会議では、米国が保護主義に傾く中、日中韓やインドなどが参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の妥結を目指したが、交渉参加国の主張の溝が埋まらず、実現しなかった。

ドゥテルテ大統領は今年、インフラ整備での協力などを協議するため、安倍晋三首相と3回会談した=10月、東京(大統領広報推進戦略企画局=PCOO)

ドゥテルテ大統領は今年、インフラ整備での協力などを協議するため、安倍晋三首相と3回会談した=10月、東京(大統領広報推進戦略企画局=PCOO)

【第1位】ドゥテルテノミクス始動、税制改革法が成立

【第2位】反政府勢力の掃討強化、09年以来の戒厳令

【第3位】安倍首相、5年で1兆円の支援表明

【第4位】二輪・四輪車とも販売好調、過去最高連発

【第5位】株価最高値、為替は11年ぶり安値

【第6位】SMの時価総額1兆ペソ突破、国内企業初

【第7位】ASEAN会合開催、中国の懐柔浮き彫り

【第8位】住宅開発に日本企業の参入相次ぐ

【第9位】たばこ大手脱税にメス、JTが資産買収

【第10位】労働のみの請負、取り締まり強化

【番外編】マニラのカジノで放火、死者38人


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の昭和の象徴は何だ…(05/23)

比人看護師・介護士候補313人 国家資格合格目指し6月出国(05/23)

租税特赦法案、政府は6月までの可決目標(05/23)

税制改革第2弾の前に第1弾見直しを、下院(05/23)

政府債務返済額、1Qは16%減の2080億ペソ(05/23)

22日為替:$1=52.195ペソ(↑)(05/23)

クラーク空港運営、日系含む数社が応札検討(05/23)

ビサヤ―ミンダナオ送電網、国家重要事業に(05/23)

シティコア、太陽光発電所5カ所を買収(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン