セコム、法王ミサにセキュリティー提供

セコムは6日、ミャンマーの合弁会社ミャンマーセコムが11月29日に最大都市ヤンゴンで行われた法王フランシスコによる大規模ミサ会場に仮設監視カメラや警備員を提供し、ミャンマー警察と合同で安全運営に貢献したと発表した。

屋外競技場チャイカサンで行われたローマ法王による大規模ミサには、約20万人が参加。ミャンマーセコムは会場周辺の重要箇所に仮設監視カメラを設置、モニタリングルームで映像を監視したほか、会場内や周辺に警備員を配備して巡回警備を行った。

ミャンマーセコムは2013年、セコムが51%、大手財閥シュエ・タン・ルウィン傘下のチョーシンミャンマーが40%、絶縁工具や防災用品の敬相(東京都港区)が9%を出資して設立。15年4月から同国初のオンライン警備サービスをはじめ、安全機器や常駐警備の総合的サービスをヤンゴン市内や近郊のティラワ経済特区(SEZ)で提供している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クボタ、ヤンゴン2工区の上水整備受注(12:20)

三井物産、首都農大で講演会 農業人材育成を支援(12/12)

上組、三菱商事系とティラワに港湾施設開発(12/12)

「水問題」サミット開幕、20カ国超参加(12/12)

23日に最低賃金最終協議、改訂は5月か(12/12)

仏マロンゴ、北東部のケシ代替コーヒー購入(12/12)

商工会議所連、産業育成向け政府に17提言へ(12/12)

「男性も教員に」とスーチー氏、低賃金課題(12/12)

労働争議減少、昨年は30件解決=労組連(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン