• 印刷する

風力発電、利益が見込めず投資低調

ベトナムの風力発電は、電力買い取り価格の引き上げ後も、依然として十分な利益が見込めないため、投資が低調だという。6日付VNエクスプレスが報じた。

商工省は9月、風力による電力の買い取り価格を、陸上施設からは1キロワット時(kWh)当たり8.77米セント(約9.8円)、海上施設からは9.97米セントに引き上げることを提案した。同省エネルギー研究所によれば、これまでに50案件(約500万kW)の投資が表明されているが、実行は4カ所(15万9,200kW)にとどまる。

同省の価格引き上げ提案は、国内の陸上風力発電所への投資額が1kW当たり1,600米ドル、運転・維持費が1,000kW当たり年間少なくとも2万米ドルとする想定に基づく。別の研究によれば、ドイツ国際協力公社(GIZ)のベトナム向け風力発電支援プログラムを実行しない場合では、1kW当たり投資額が1,870米ドルに上る。

シンガポールに本拠を置く風力発電開発企業「ザ・ブルー・サークル」のオリビエ・ドゥゲ代表は、「ベトナムでの風力発電案件では、国内外銀行の協調融資でリスク分担する必要がある」と述べている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロッテマート、20年に85店へ 300坪の小型店中心に出店を加速(08/21)

ロシアのGAZ、ダナンでトラック製造へ(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

民間航空局、運賃引き上げ申請を却下(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

貨物鉄道の民間開放、運輸省が首相に提案へ(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

HCM市、韓国SMにスマート都市開発提案(08/21)

シャープ、南部で大型工場を検討=地元紙(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン