• 印刷する

テイクオフ:オーストラリア東部で、…

オーストラリア東部で、ユーカリなどを枯らすさび病が数年間に、考えられないほど急速に広がっている。ニューサウスウェールズ(NSW)州ゴスフォードで2010年4月に確認されたものが、15年にはクイーンズランド(QLD)州北端バマガで見つかっており、このまま放置すれば自生植物50種類が消えてしまう懸念が出ている。

自然の感染では考えられないほどの短期間に、NSW州からQLD州に感染が広がっていることから、専門家らはブッシュウオーカーが元凶だとしている。よそから病原菌を付着させたまま歩き回ることで、感染を拡大させているとのことだ。

筆者もブッシュウオーキングが好きだが、まさかそれが生態系破壊にまでつながるとは思ってもいなかった。まださび病がそれほど広がっていない地域もあり、靴などを徹底的にきれいにしないといけなくなる。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大きな作り付けの戸棚を…(08/21)

ターンブル首相、求心力急低下 ダットン内務相を担ぐ動きも(08/21)

豪の外資系企業、労働者の1割雇用で高給与(08/21)

電通、シドニーの新興企アミカスを買収(08/21)

農林水産省、NSWと協力視野に会談(08/21)

VIC政府、太陽光パネルに12億$超補助へ(08/21)

QLD資源産業、1時間に1件雇用創出(08/21)

FMG、鉄鉱石値下がりで18年度は58%減益(08/21)

<外務省人事>駐豪公使に大村周太郎氏(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン