テイクオフ:オーストラリア東部で、…

オーストラリア東部で、ユーカリなどを枯らすさび病が数年間に、考えられないほど急速に広がっている。ニューサウスウェールズ(NSW)州ゴスフォードで2010年4月に確認されたものが、15年にはクイーンズランド(QLD)州北端バマガで見つかっており、このまま放置すれば自生植物50種類が消えてしまう懸念が出ている。

自然の感染では考えられないほどの短期間に、NSW州からQLD州に感染が広がっていることから、専門家らはブッシュウオーカーが元凶だとしている。よそから病原菌を付着させたまま歩き回ることで、感染を拡大させているとのことだ。

筆者もブッシュウオーキングが好きだが、まさかそれが生態系破壊にまでつながるとは思ってもいなかった。まださび病がそれほど広がっていない地域もあり、靴などを徹底的にきれいにしないといけなくなる。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プラEPG、豪トラック部品ディーラー買収(13:30)

テイクオフ:オージーの友人に誘われ…(12/12)

日本企、豪石炭の新供給模索 グレンコアからの調達拡大を懸念(12/12)

中国企、豪ガス企に4億$超の買収提案(12/12)

〔政治スポットライト〕アダニ融資問題、QLD労働党の優先事項に(12/12)

豪で「エネルギー貧困」、料金の高騰が直撃(12/12)

国内最大の太陽光発電所、NSW州で建設へ(12/12)

21年までの財政黒字化は困難=予算事務局(12/12)

豪国税局、査察強化で富裕団体と面接(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン