【中国自動車白書】北京汽車 現代が大苦戦、EV拡大に期待

中国5位の自動車メーカーで、韓国現代自動車、ドイツ・ダイムラーと乗用車合弁事業を展開している。2017年は中韓関係の悪化を受け、主力とする現代ブランド車の販売が激減。自主ブランドも不調で、国内6位の広州汽車集団(広汽集団)との差が縮まりつつある。一方で力を入れてい…

関連国・地域: 中国-全国韓国欧州
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

イオン、モバイル決済の「支付宝」導入(12:26)

中国化進むシアヌークビル カジノが呼び水、違法活動問題に(12/12)

テイクオフ:今週号の経済誌のグラビ…(12/12)

中国系「MG」の新工場開所 年産10万台、東南ア輸出も計画(12/12)

年金準備金の残高1年分以下 全国13地区で、黒竜江は赤字(12/12)

山東省と貿易・投資拡大へ、上級国務相が訪中(12/12)

11月の新車販売0.7%増、6カ月連続プラス(12/12)

中国企、豪ガス企に4億$超の買収提案(12/12)

産業銀、中国工商銀と通貨スワップ締結へ(12/12)

16年の研究開発費、過去最高の1.6兆元(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン