【中国自動車白書】北京汽車 現代が大苦戦、EV拡大に期待

中国5位の自動車メーカーで、韓国現代自動車、ドイツ・ダイムラーと乗用車合弁事業を展開している。2017年は中韓関係の悪化を受け、主力とする現代ブランド車の販売が激減。自主ブランドも不調で、国内6位の広州汽車集団(広汽集団)との差が縮まりつつある。一方で力を入れてい…

関連国・地域: 中国-全国韓国欧州
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

地銀15行がオンライン商談会 日系143社参加、コロナ下で初(06/15)

テイクオフ:広州では5月下旬から新…(06/15)

アジアの海洋保全促進へ ADBと中国処理大手が提携(06/15)

中国タイヤ大手サイルン、投資計画を拡大(06/15)

車や発電で水素本格活用へ、国際競争激しく(06/15)

新車販売が14カ月ぶり減少 5月実績、半導体不足響く(06/15)

豪州、対中国でG7支持確保 印太の安保・貿易など議論(06/15)

中国がアプリで個人情報取得と報道、政府否定(06/15)

5月の中古車取引数、25%増の146万台(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン