• 印刷する

《日系進出》ビットポイント、韓国取引所が本格開始

記者会見で韓国での戦略を話す小田玄紀社長=ソウル、29日(NNA撮影)

記者会見で韓国での戦略を話す小田玄紀社長=ソウル、29日(NNA撮影)

仮想通貨取引所大手のビットポイントジャパン(東京都目黒区)は29日、韓国での仮想通貨取引所「ビットポイントコリア」のサービス開始を正式に発表した。日本のノウハウを生かして、韓国で投資家の拡大を狙う。海外の取引所は上海、香港、台湾(12月開始)に次ぐ4カ所目。

ビットポイントコリアは1日からベータ版のサービスを開始している。自分で取引プログラムを作成できるツール「メタトレーダー(MT)4」を提供する取引所としては韓国初。取引手数料は0.1%とした。将来的には商業施設など実店舗での決済サービスの展開を狙う。

今後、シンガポール、タイ、マレーシア、オーストラリア、英国での開設を目指す。ビットポイントジャパンの小田玄紀社長はソウルで開かれた記者会見で、「仮想通貨を通じ、世界で両替の手間をなくし消費者の利便性を高める」と述べた。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのイングランド…(05/26)

新KTX、地方観光を活性化 世界遺産都市「安東」・現地ルポ(05/26)

新規感染者2.4万人、死者23人増(05/26)

5月の企業景況感86、サービス業は改善(05/26)

家計融資残高が初の減少、利上げなどで(05/26)

サムスンSDI、米インディアナに電池工場(05/26)

現代自、デジタル空間で電池寿命を予測へ(05/26)

韓国が輸入規制継続意向、福島など8県の水産物(05/26)

サムスンと米企業、次世代メモリーSW開発(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン