SK、東南アジアで事業拡大を模索

韓国大手財閥SKグループが東南アジアでの事業拡大を模索している。同グループの崔泰源(チェ・テウォン)会長はこのほど、シンガポールとベトナムを相次いで訪問。現地の政財界の関係者と会談し、情報通信技術(ICT)分野の事業協力などについて話し合った。 崔会長は20、21…

関連国・地域: 韓国ベトナムシンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、39人増の1万1629人(18:13)

4月の経常収支、コロナ禍で1年ぶり赤字(18:22)

5G対応のARグラス、LGU+が発売へ(16:58)

テイクオフ:学校の登校が順次再開さ…(06/04)

韓国造船が大型受注で安堵 雇用維持に貢献、安値受注に課題(06/04)

新型コロナ感染者、49人増の1万1590人(06/04)

5月の消費者物価、原油安でマイナスに(06/04)

19年の1人当りGNI、4年ぶりマイナス(06/04)

5月末の外貨準備高、33.3億米ドル増(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン