LNG市場、外資の関心高く 国営企業が供給拡大へ提携進める

日米を中心とした外資系企業がベトナムの液化天然ガス(LNG)市場を有望視している。11月のAPEC(アジア太平洋経済協力)サミットの開催に併せて、ベトナム国営の石油ガスグループ(ペトロベトナム)は、LNGの発電所や受け入れ基地の整備などに関する覚書を相次いで結ん…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年のバレンタインデー…(02/23)

機器回収、アップルなど先導 循環型経済へ課題と商機(上)(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

チュオンハイ、乗用車シェア30%目指す(02/23)

HCM市、児童生徒の15~20%をバス通学に(02/23)

ハノイ市、物流開発計画を承認(02/23)

国内航空4社、1月の定時運航率89%(02/23)

ハイオク、今年初の価格引き下げ(02/23)

台プラ越製鉄所、地場企業からの出資受け入れ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン