• 印刷する

《知財》韓国特許庁、特許共同審査で中国当局と提携

韓国と中国の特許当局が17日、出願された発明に関する「特許共同審査(CSP)」を推進することで合意した。韓国企業が中国で特許を出願する際の費用軽減と取得時間短縮が期待される。

韓国特許庁は同日、中国市内のホテルで中国国家知識産権局とCSP事業に関する覚書(MOU)を交わした。両国の特許当局は今後、実務チームを構成して具体的な推進方策をまとめる計画という。

両国のCSPが実現すれば、韓国企業が中国で特許申請する際の優先申請費用が免除され、取得期間も短縮できる見通し。中国での商品販売を目指す企業にとっては、偽造品が市場に出回るリスクを減らせるというメリットがある。

両国の特許当局はまた、デザイン特許に関する優先権書類の提出における電子的交換を迅速に推進していくことでも合意した。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

航空業界で「副業」ブーム 旅気分カフェ、体験型サービスも(06/25)

コロナ新規感染者、2日連続で600人台(06/25)

インド型の感染者190人、流入の初期段階に(06/25)

LGとのバッテリー工場、23年稼働目指す(06/25)

韓銀の李総裁、需要主導のインフレ警告(06/25)

電子決済Toss、「デカコーン」が視野に(06/25)

サムスン系列5社、給食の独占供給で課徴金(06/25)

韓国国際協力団、コロナ対応に3億円支援(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン