【製造業の未来】試練迎える韓国企業 次世代への準備不足、相次ぎ露呈

人工知能(AI)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)などの技術革新が引き起こすとされる「第4次産業革命」の到来で、韓国企業は大きな試練を迎えそうだ。韓国企業はマスプロダクション(大量生産)による「規模の経済」の追求を得意とする一方、顧客のニーズにひと…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本ASEAN
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(14:22)

現代自、米で次世代SUVコンセプトを発表(17:13)

SKエナジー、貨物車休憩所に太陽光発電設備(17:45)

テイクオフ:日本と同様に韓国も「四…(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

10月の訪日韓国人65.5%減、日韓対立が響く(11/21)

10月の生産者物価、4カ月連続で下落(11/21)

20年成長率、ムーディーズが2.1%と予測(11/21)

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン