【製造業の未来】試練迎える韓国企業 次世代への準備不足、相次ぎ露呈

人工知能(AI)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)などの技術革新が引き起こすとされる「第4次産業革命」の到来で、韓国企業は大きな試練を迎えそうだ。韓国企業はマスプロダクション(大量生産)による「規模の経済」の追求を得意とする一方、顧客のニーズにひと…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本ASEAN
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:IT大手カカオの新社屋…(08/17)

商用EVで中国車が存在感 バスはシェア5割、貨物車も人気(08/17)

新規感染者8.4万人、死者37人増(08/17)

テスラの7月販売ゼロに、供給不足で(08/17)

LGエナジーの電池特許、CATLの6倍に(08/17)

ロッテと南部発電、低炭素水素事業で協力(08/17)

LG化学と米穀物企業、バイオプラ生産へ(08/17)

CJ大韓通運、京畿道に新物流拠点オープン(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン