• 印刷する

持続可能な未来への国際会議、BNPパリバ

仏大手銀行BNPパリバは26日、シンガポールで「サステナブル・フューチャー・フォーラム―持続可能な未来を創るための国際会議」を開催した。2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で、持続可能な環境や社会の実現に世界規模で取り組むことが打ち出されたのを受け、専門家らが持続可能な開発に向けた課題や解決策、見通しなどを話し合った。

BNPパリバが同様の国際会議を開くのは今回で2回目。今月4日にはフランス・パリで開催している。

シンガポールで行われた国際会議には、アジアをはじめ世界の金融機関や投資家などの500人以上が出席した。

国連で採択された「2030アジェンダ」では、30年を期限とする包括的な目標を設定。持続可能な開発目標(SDGs)として、貧困、保健、教育、ジェンダー、気候変動、生産・消費など、先進国を含む世界全体で取り組むべき17の目標を掲げている。SDGsの実現には毎年5兆~7兆米ドル(約568兆~795兆円)の投資が必要と試算されており、今回の国際会議では世界各国の有識者らがこうした持続可能な発展に向けた分析や提言を行った。

BNPパリバが開いた「サステナブル・フューチャー・フォーラム―持続可能な未来を創るための国際会議」で基調講演を行う国連環境計画のエリック・ソルヘイム事務局長=26日、シンガポール中心部(NNA撮影)

BNPパリバが開いた「サステナブル・フューチャー・フォーラム―持続可能な未来を創るための国際会議」で基調講演を行う国連環境計画のエリック・ソルヘイム事務局長=26日、シンガポール中心部(NNA撮影)

■UNEP事務局長が登壇

基調講演では、国連環境計画(UNEP)のエリック・ソルヘイム事務局長が登壇。自身が生まれた時代と比べて現在は世界的に平均寿命が長くなっているほか、中間所得層の拡大、生活の質の改善など、「以前に比べて人間を取り巻く環境は格段に良くなっている」と指摘した。その上で、環境保護に向けた世界的な取り組みに触れ、「トランプ米大統領が米国は地球温暖化対策の国際枠組み『パリ協定』から離脱すると表明したが、多くの主要な米企業がパリ協定の推進を支持しており、世界の未来を見据えた動きが広がっている」と説明。また太陽光発電など再生可能エネルギーには大きな商機があると述べ、こうした分野に投資するプラットフォームの整備や、投資方法の多様化などが必要だと提言した。また国連は民間企業との連携を強化し、単なる資金援助ではなく「目的を持った投資」を促したいとした。

持続可能な金融(サステナブル・ファイナンス)に関するパネルディスカッションでは、欧州投資銀行(EIB)や英保険大手アビバ、マレーシアのシャリア諮問委員会(SAC)の代表や担当者らがパネリストとして参加。アジアで持続可能な社会が実現できなければ世界経済も安定した成長が見込めないとの認識の下で、アジアでのグリーンファイナンス(環境金融)の重要性などについて意見交換した。パネリストらは、欧州・アジア間で持続可能な金融に関する連携が広がっていることや、インド、中国で環境金融や関連規定の整備に向けた取り組みが進んでいることなどを紹介した。

このほかテニスの元世界女王、マルチナ・ナブラチロワ氏も講演。スポーツ界だけでなく、ビジネスの世界でも男女格差を縮める必要性があると訴えた。

男女間の格差縮小について訴えるテニスの元世界女王、マルチナ・ナブラチロワ氏=26日、シンガポール中心部(NNA撮影)

男女間の格差縮小について訴えるテニスの元世界女王、マルチナ・ナブラチロワ氏=26日、シンガポール中心部(NNA撮影)


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

シンガポール航空、業績が回復基調に(06/18)

5月輸出額は9%増、6カ月連続プラス成長(06/18)

3月求人数、過去最高の6万8400件(06/18)

飲食業界の労災事故、年率9%増加(06/18)

JCB、ASEAN事業創造部を新設(06/18)

シェルとJTC、埋め立て地に太陽光発電所(06/18)

不動産HLH、カンボジアで農業ハブ開発(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン