• 印刷する

不動産ディアライフが保険自動付帯サービス

在タイ日本人向けの不動産仲介を手掛けるディアライフホールディングス(HD、東京都中央区)は20日、タイで紹介する物件に火災保険を自動付帯するサービスを開始したと発表した。東京海上グループとの協力で、入居者のリスクを軽減する。

ディアライフHDの山田修平最高執行責任者(COO)によると、タイ法人のディアライフと東京海上グループのタイ国東京海上火災保険が連携し、ディアライフが保険料を負担する形で仲介する物件に保険を付ける。タイでは水漏れなどが原因で10数万バーツ(1バーツ=約3.4円)を請求されるケースもあり、火災や爆発、水漏れ、盗難などによる損害をカバーすることで、日本人駐在員らの生活を支援していく。

タイ法人は2012年設立で、仲介実績は5,500世帯以上。今年7月に上場を見据えてディアライフHDを設立しており、東証マザーズへの上場のほか、タイでの株式公開も視野に入れている。

タイ以外の東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国では、来年上旬にインドネシアに拠点を開設する予定で、ベトナムやマレーシアでの事業も準備している。上場で得た資金を元にASEAN各国でさらに事業を拡大する計画だ。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 金融建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの流行は、わ…(10/21)

首都で観光再開の準備進む 市民の7割、ワクチン接種を完了(10/21)

エアアジア、来月5日にプーケット線再開(10/21)

感染者9千人割る、7月以降で最少(20日)(10/21)

独系自動車部品シェフラー、業況を楽観視(10/21)

有料道の自動料金システム、今月試験運用へ(10/21)

レッドライン運賃、12~42バーツに設定(10/21)

タイエアアジア筆頭株主、614億円を調達へ(10/21)

9月の6空港利用者、82%減の51.4万人(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン