• 印刷する

〔オセアニアン事件簿〕移民省、国家安全リスク者の永住権取消し

オーストラリア移民・国境警備省が、国家安全に高リスクと判断される外国人について、彼らが海外に渡航している間に永住権を取り消し、帰国を阻止しているもようだ。これまでに影響を受けたのは、オーストラリア安全情報機関(ASIO)が高リスクと判断した、イスラム過激派などと関連のある人物10人程度とみられる。17日付オーストラリアンが伝えた。

同省は今回の永住権取り消しについての詳しい規制を明らかにしていないが、「法律と情報当局との連携により、当事者の所在地が国内か国外かにかかわらず、国家安全にリスクとみなされる永住者のビザを取り消す」とし、国家安全保障に沿った警備強化方針を示している。

ダットン移民相はこれまでも、薬物取引や性犯罪など組織犯罪の関与者2,800人のビザの取り消しを断行している。8月にはバイク集団に属する147人のビザを取り消した。また、「ジハード(聖戦)」に参加するためのシリアなど一部中東との行き来を阻止するため、外務相も市民のパスポートを取り消す権利を有しており、ビショップ外相は2014年1月以来、シリアやイラク北部などへ渡航するジハード参戦者を中心とする210人のパスポートを取り消している。


関連国・地域: オーストラリア中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは最近…(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

豪州の干ばつ、炭鉱にも波及 州政府が新規承認を停止(11/12)

スカボローガス田、埋蔵量を52%引き上げ(11/12)

〔オセアニアン事件簿〕山火事悪化、シドニー近辺も要注意に(11/12)

10月の小売り、前月からさらに低調か(11/12)

VIC電力スポット価格、昨年度に25%上昇(11/12)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、選挙以後初の与野党支持同率(11/12)

ガラスやプラごみ輸出規制、来年7月から(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン