アフガン市民の空爆被害52%増、国連報告

【イスラマバード共同】国連アフガニスタン支援団(UNAMA)は12日、戦闘が続くアフガンの今年1~9月の市民被害をまとめた報告書を公表し、空爆による死傷者が466人となり、昨年同期に比べ約52%増加したことを明らかにした。自爆テロ被害なども含めた市民全体の死傷者は計8…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:注文して当日や翌日にオ…(11/13)

10月車販売は5%減の35万台 12カ月連続減、乗用車はプラス転換(11/13)

10月の二輪販売14%減、11カ月連続マイナス(11/13)

愛三工業、西部にBS6対応の新工場を開所(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

EVタクシーのリチウム、ウィプロと提携(11/13)

タタの「ネクソン」EV版、来月16日に公開(11/13)

製薬ルピン、共和薬品を日本企業に売却(11/13)

CNGターミナル、西部港に設置へ(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン