〔オセアニアン事件簿〕戦闘機の機密情報、ハッカーに盗まれる

オーストラリア空軍が導入を予定する最新鋭ステルス戦闘機「F35」などに関連する機密情報がハッカーによって盗まれていたことが分かった。国防省の情報機関であるオーストラリア信号局(ASD)の担当者が11日、シドニーで開かれた会議で明らかにした。政府は総額140億豪ドル(約1兆2,295億円)以上を投じ、米軍需大手ロッキード・マーティンからF35を購入する計画を進めている。12日付地元各紙が伝えた。

ASDのクラーク部長によれば、ハッカーは国防省が契約しているある企業から33ギガバイトに上るデータを盗み、この中にジョイント・ストライク・ファイター(JSF)と呼ばれるF35に関する情報も含まれていたという。盗まれたものが極秘情報か、契約企業にとっての機密情報かは明らかになっていない。

サイバーセキュリティー担当のテハン副大臣は、重大な侵害行為だとした上で、詳細についてはコメントを控えた。テハン氏は、ハッカーの背後に外国政府がある可能性については否定しなかった。

クラーク部長は、犯罪組織か外国政府に雇われたハッカーである可能性を示唆。同部長によれば、ハッキングに使用されたのは、中国人ハッカーによって広く使用されている「チャイナ・チョッパー(China Chopper)」と呼ばれるツールだという。


関連国・地域: 中国オーストラリア米国
関連業種: IT・通信製造一般運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

サントリーの現地子会社、豪などの3社を売却(10/20)

テイクオフ:近所に住む友人が、銀行…(10/20)

ウッドサイドの採掘延期、提携社は継続強調(10/20)

サントリー食品、豪NZ事業売却(10/20)

豪失業率5.5%、労働市場12カ月連続改善(10/20)

損保チャブ、旅行者向けアプリの提供開始(10/20)

賃金上昇率の低迷、政策対応が必要=CBA(10/20)

シドニーとメルボの賃料、2年で20%上昇(10/20)

オリジン、NSW州火力発電の操業延長か(10/20)

IOOF、ANZ年金部門取得で価値減へ?(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン