日本企業、高速鉄道に熱視線 投資回収へ現地生産の規模が鍵

日本企業が、インドの高速鉄道建設に熱い視線を注いでいる。日印両政府が主導する同計画では、新幹線方式の採用が決まり、各社は日本で蓄積した技術が生かせるとみる。一方、どの程度インドでの生産が求められるかは不透明だ。西部マハラシュトラ州ムンバイ~同グジャラート州アー…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

乗用車の税率、2種類に統一を=協会(13:07)

【書籍ランキング】11月30日~12月6日(12/18)

テイクオフ:先週、北部ウッタルプラ…(12/18)

狙うは最小投資で最大効果 人々に宿る創意工夫の精神(下)(12/18)

タタ自、公用車用EVの納入に着手(12/18)

鴻海、インド西部で工場新設計画か(12/18)

M&Mなど自動車4社、1月から値上げ(12/18)

カ州の鉄鉱石生産、最高裁が上限引き上げ(12/18)

物品輸送の電子許可証、6月までに全国共通化(12/18)

国鉄、信号の近代化に6000億ルピー(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン