日本企業、高速鉄道に熱視線 投資回収へ現地生産の規模が鍵

日本企業が、インドの高速鉄道建設に熱い視線を注いでいる。日印両政府が主導する同計画では、新幹線方式の採用が決まり、各社は日本で蓄積した技術が生かせるとみる。一方、どの程度インドでの生産が求められるかは不透明だ。西部マハラシュトラ州ムンバイ~同グジャラート州アー…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:マルチ・スズキが運営す…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

町の商店にPOSで競争力を 地場ヌッカド、22年に10万軒目標(07/16)

豊田合成が開発強化、グルガオンに営業所(07/16)

サンと米MS、EVソリューションで提携(07/16)

VW傘下のMAN、インド事業を見直し(07/16)

浄化槽ダイキアクシス、ムンバイに現法設立(07/16)

住宅設備コーラー、西部に製品の展示施設(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン