日本企業、高速鉄道に熱視線 投資回収へ現地生産の規模が鍵

日本企業が、インドの高速鉄道建設に熱い視線を注いでいる。日印両政府が主導する同計画では、新幹線方式の採用が決まり、各社は日本で蓄積した技術が生かせるとみる。一方、どの程度インドでの生産が求められるかは…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

マヒンドラ、住宅開発で金融大手と合弁(19:11)

LTフーズ、米国に包装米飯工場(19:15)

インド製品に貿易救済措置、商務省が仮決定(20:48)

ディワリの大気質指数、デリーは「注意報」(19:39)

次世代型トラクターを共同開発 ヤンマーとソナリカ、輸出に照準(10/20)

ホンダ四輪、部品輸出額が2.6倍に(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

インドのEV普及、タタとM&Mがけん引か(10/20)

日インド政府、LNG市場の安定化で協力(10/20)

RILと英BP、KGD6鉱区でガス田開発(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン