• 印刷する

マレーシア富裕層、タイと日本の不動産に注目

マレーシアの不動産コンサルタント会社プライム・インターナショナル・プロパティーズは、国内の富裕層が海外の不動産投資で、日本とタイに注目していると分析している。9日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

同社のジャスティン・チュー社長は同紙とのインタビューで、マレーシアの富裕層の不動産投資はオーストラリア、英国、シンガポールが中心となっているが、リンギ安の進行でこれらの市場での投資が難しくなっていると指摘。これに代わって、プライス・ポイント(最も購入しやすい価格)がマレーシアと近い日本、タイの不動産にシフトしつつあるという。

特に注目を集めているのはバンコク。外国人観光客が多いことから、これらの人々に短期で貸し出す不動産を購入する人が増えていると指摘した。


関連国・地域: タイマレーシア日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

制限令継続有無きょう発表へ 当局管理下で経済活動再開か(04/10)

観光など支援強化要請、中小2割に倒産危機(04/10)

RM1=25.1円、$1=4.34RM(9日)(04/10)

給与補助金の給付申請、9日に受付開始(04/10)

活動制限令で日系企業9割が在宅勤務を導入(04/10)

製造業の出勤者リスト変更を認めず、貿産省(04/10)

新規感染109人、累計4228人(04/10)

国民車プロトンの3月販売41%減、制限令で(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン