英語教材、来年から輸入品に切り替え=政府

マレーシア政府は、来年初めから学校で使用する英語教材をすべて海外で出版されたものに切り替える方針を示した。ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に基づく新カリキュラム展開の一環。CEFRは、欧州評議会が開発した外国語の習得状況を測る国際的なガイドラインとなる。5…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

地場の廃棄物処理、マレーシア同業を買収(18:32)

クラウドなどでの資金調達、4.3億リンギに(18:58)

テイクオフ:カシミール地方の領土問…(08/19)

2Q成長率は4.9%に加速 内需がけん引、外需も2桁増(08/19)

2Q経常黒字は143億リンギ、前期から縮小(08/19)

1~6月の国境輸出4%減、3カ国向け低調(08/19)

2QのFDI純流入額、44億リンギに縮小(08/19)

新たな燃料補助金制度、近く閣議決定か(08/19)

RM1=25.4円、$1=4.18RM(16日)(08/19)

第3の国民車事業、失敗しても政府救済なし(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン