サムスンSDI、EV向け新バッテリー公開

韓国のサムスンSDIが12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショーで、電気自動車(EV)普及に向けた新たなバッテリーを公開した。

「多機能バッテリーパック」は容量に合わせバッテリーのモジュール数を自由に調節できる。20のモジュールを装着すれば600~700キロ走行できる高性能EVに、10~12モジュールなら300キロ走行のEVにすることができる。自動車メーカー側がさまざまな走行距離のEVを設計できるようにした。

また、既存の製品より高さを最大20%以上縮めた「ローハイトセル」は、EVに搭載すればスペースの有効活用が容易で、多様なデザインが可能になる。

円筒形バッテリー新標準、直径21ミリのセルとモジュールも公開した。既存のバッテリーに比べ容量が50%向上し、寿命も延びるなど、コスト競争力を備えた。

サムスンSDIは新バッテリーを公開(同社提供)

サムスンSDIは新バッテリーを公開(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「日本だったらきっと1…(11/23)

議員が自動車政策に疑問符 現代自の優遇撤回、日本厚遇の声(11/23)

米が洗濯機の輸入制限を勧告 韓国勢の現地生産に拍車か(11/23)

最低賃金・労働時間短縮で補完策、新任閣僚(11/23)

家計負債146兆円、政府対策も上昇続ける(11/23)

ネットバンク、取引額1割がスマホ(11/23)

サムスン電子、半導体装置の技術者養成へ(11/23)

LGU+、ドローン管制システムを開発(11/23)

後方走行サポート、現代モービスが技術開発(11/23)

10月自動車産業、連休で生産など軒並み減少(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン