テイクオフ:度重なる誤診の結果、オ…

度重なる誤診の結果、オーストラリアの13歳の少年が虫垂炎で亡くなったというニュースがあった。少年は亡くなる前に、かかりつけ医(GP)から数回にわたり診察を受けていたが、このGPは胃腸炎と診断しただけで病院への紹介や検査を行わなかったという。

オーストラリアでは一般的に、GPの紹介状なく専門医にかかることができない。GPは一般的な疾病の知識を持つが、専門的な診察は行わない。一方日本の診療所は、小児科や耳鼻科など、入り口から専門が分かれているが、入り口を間違えると診断までに時間がかかる。オージーの知人は、日本でインフルエンザにかかった時に何科に行けばよいのかわからず困ったという。

どちらのシステムも一長一短だろうが、今回のニュースは、医療を提供する難しさをあらためて考えさせられた。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電力小売会社のお粗末な…(02/26)

文化シヤッター、豪地場買収 約54億円、オーストラリア初進出(02/26)

〔政治スポットライト〕不倫発覚のジョイス副首相、ついに辞任へ(02/26)

SAの再生エネ目標引き上げ、与野党は冷淡(02/26)

独ソネン、アデレードに蓄電池工場新設(02/26)

グレンコアが寡占を否定、豪炭鉱権益取得で(02/26)

大企業の競争法違反の罰則強化へ=ACCC(02/26)

インフラ諮問機関、政府500億$計画に警告(02/26)

豪労働市場、人口高齢化を移民増が相殺(02/26)

豪アフターペイ、「後払い」で急成長(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン