• 印刷する

配車グラブ、サービス拡充で利用者倍増狙う

グラブ・タイランドのイーウィー・タン代表は「サービスの拡充で利用者を2倍に増やしたい」と話した=5日、バンコク(NNA撮影)

グラブ・タイランドのイーウィー・タン代表は「サービスの拡充で利用者を2倍に増やしたい」と話した=5日、バンコク(NNA撮影)

携帯電話のアプリを使ったタクシーの配車サービス「グラブ」を展開するシンガポール系のグラブ・タイランドは5日、評価の高い運転手の事前予約など新たに2つのサービスを開始したと発表した。顧客の需要に応じたサービスの拡充を加速させ、利用者を2倍に増やして配車市場で首位を維持する狙い。

車齢5年以下の車両と4.8つ星(5点満点)以上の評価を受けている運転手の事前予約が可能なサービス「グラブカー・プラス」と、タクシーと一般車両の両方を呼ぶことで待ち時間を短縮させる固定価格制の「ジャスト・グラブ」を開始した。

グラブは事業エリアの拡大も進めており、今年は東北部ナコンラチャシマ、ウドンタニ、ウボンラチャタニ、コンケンに進出。ジャスト・グラブは同4県で試験導入し好調だったため、バンコクなどその他地域への導入も決めた。

グラブ・タイランドのイーウィー・タン代表によると、今年1~6月のサービス利用者数は前年同期比2倍となり、運転手の数は3倍に増えた。英系市場調査会社カンターが「最も頻繁に利用する配車サービス」を尋ねたアンケート調査で、グラブは全体の66%を占め1位だった。通年でも利用者数を2倍に増やし、首位固めを図る。

グラブはバンコク首都圏と東北部4県のほか、東部パタヤ、南部プーケット、北部チェンマイ、チェンライでサービスを展開している。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多くの人にとって、朝起…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

各社の新型電動車が勢ぞろい 脱炭素に向け前進、エキスポ開幕(12/01)

感染者4306人、2日連続4千人台(11月30日)(12/01)

プルックサー、タウンハウス7件を一挙発売(12/01)

サイアムアルン、エカマイにモール開発(12/01)

不動産ノーブル、来年は住宅開発18件を計画(12/01)

建設シビルエンジ、6%の市場拡大を予測(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン